法律やルール

【ドローン】5.8Ghz FPVゴーグル 技適マークは必要?不要?


勘違いされている方はたまにいるので、ドローンレースなどに使うFPVゴーグルの技適マークについて解説していきます。

【ドローン】5.8Ghz FPVゴーグル 技適マークは必要?不要?

そもそも論から始めますが、技適マークが必要になる機器は電波を発信する機器になります。

5.8Ghz FPVゴーグルは電波を受信する機器ですので、技適マークは必要ありません。

技適マークが必要なのは送信機やドローン


技適マークが必要になるのは2.4Ghzの電波を発信する送信機やドローンです。
送信機に関しては2.4Ghz一択なので、日本の法律では技適マークが必ず入っている必要があります。

ドローンに関しては電波の種類によって、
「技適マークが必要になるか」
「免許や無線局の開局が必要になるか」

のどちらかにわかれます。

ドローン本体には技適マークが必要になる場合

FPV飛行をするドローンも電波を発信する機器になります。
ドローン本体についているVTXから電波が発信され、FPVゴーグルで受信して映像をゴーグルのモニターに映し出す仕組みになっています。

ドローン本体から出る電波は、5.8Ghz帯と2.4Ghz帯の電波があり、5.8Ghz帯の電波に関しては「技適マーク」は必要ありませんが、アマチュア無線の免許と、無線局の開局が必要になります。

2.4Ghz帯のFPVドローンに関しては送信機と同じく技適マークが必要になってきます。

まとめ

自分の説明がちょっとわかりずらいと思うので、んんん???ってなる方もいると思いますが、

とりあえず「5.8Ghz FPVゴーグル」には技適マークは必要ありません。

技適マークが必要になるのは電波を発信する機器になります。

なので海外で売っているものでも安心して購入できます。
まぁ保証の問題とかあるので心配な方は国内のショップで買う方がいいかもしれませんが、、、、

ただ海外のショップなら日本で購入する金額の7割か8割くらいで購入可能です。

今回のお話は以上です。